logoroute [portfolio of n.k.]

MENU

Another World
2019(予定)

メインビジュアル

アラーム機能+ダンジョンRPG

ゲームを思いっきり楽しむ為には時間が必要です。
しかし、学生や社会人になってくると、ゲームに使える自由な時間はどんどん限られていきます。そこで遊ぶ時間の少ない大人でも楽しめるゲームがあれば遊んでもらえるだろうかと考え、このアプリを企画しました。
このアプリではプレイヤーが寝ている時間を使ってゲームをプレイすることができます。
内容はプレイヤーの分身であるアバターが、プレイヤーが「寝ている間」に全自動で進めてくれる「ダンジョンRPG」なのですが、そこにめざまし時計としても使えるアラーム機能を絡めてゲームの中と現実との結びつきを強めたものにしています。
ジャンルとしては所謂「放置ゲーム」になりますが、ゲームを進められる時間帯を(基本的に)夜中のみとし、プレイヤーが夜眠ってから朝にアラームを止めるまでの間、夢の中で冒険ができるという演出の楽しさをねらったアプリです。

ターゲットユーザー
日々忙しく働く社会人や、あまり遊ぶ時間のない学生
使用ソフト
Photoshop, Illustrator, GraphicsGale, Unity(予定)

アプリのあそびかた

  • 「夢の世界」で冒険の前に

    あそびかた1

    夢の世界はいくつものダンジョンで構成され、モンスターが登場します。それらの障害と対峙する為にはプレイヤーが生身では太刀打ちできません。
    夢の世界に旅立つ前に、自分の分身「アバター」を編成する必要があります。
    上図に映っている剣士や戦士等の「職業」や「アイテム」は、夢の中で獲得できるので、何度も夢の中に潜る事で新たなアイテムや職業を発見し、またそれらを育成をしてアバターを強化できます。
    アバターが強くなると攻略できる夢の世界のルートが増え、様々なダンジョンに挑戦できるようになります。

  • アラームをセットして夢の世界へ

    あそびかた2

    アバターの編成が終わったら最後にアラームを設定します。
    アラームはアバターが夢の世界(ダンジョン)から脱出する唯一の方法であり、朝アラームを止められずに30分経過するとその日はアバターが夢の世界から帰れないままになってしまい、魔物やトラップから受けたダメージを回復できず、やられてしまう可能性が高くなってしまいます。
    夢の世界でやられてしまうと獲得したアイテムや経験値を失ってしまうので、アバターが育ちません。

  • ゲームスタート!

    あそびかた3

    アラームをセットできたらゲーム開始です。
    夢の世界ではモンスターと戦ったりアイテムを拾ったりする事もありますが、ゲームが全自動で進む為プレイヤーが直接ゲームに干渉する必要はなく、画面を閉じてしまって構いません。
    その為、事前に目指すべきルートとアバターの編成を考えてから出発する事が大事になります。
    また、ゲームにはクエストも用意します。
    メインとなるクエストは夢の世界を彷徨っているどこかの国のお姫様を探す…等といったもので、上図右側にあるペンダントはその姫様に近づくと光って近くにいる事を教えてくれたりします。
    冒険に余裕が出てきたら探してみると良い事があったりします。

  • 脱出後の記録確認

    あそびかた4

    プレイヤーが寝ている間に夢の中で起きたイベントは全て記録されており、夢の世界からの脱出に成功すると、好きな時間に全て確認することができます。
    ここでの記録をヒントに、職業や戦い方、必要なアイテムが何かを考えていくのが基本的なゲームの流れです。また、前述のクエストに関する手がかりについても、もちろんここで確認できます。
    もし宝石が光っていたダンジョンがあれば、再度挑戦してみる事でクエストが進展するというギミックを考えています。
    ダンジョン攻略だけでなく、RPGとして楽しめるクエストも用意していきたいと考えています。

ダンジョン紹介

怠惰の森

怪しげな霧が漂う深い森の中。長く彷徨っていると毒を受けてしまう恐ろしいダンジョン。

棄てられた神殿

はるか昔に使われなくなってしまった神殿。どこかに秘密のダンジョンの入り口があるらしい。

前のページへ戻る